11号に寄せて

“ひと目惚れ”という言葉があります。私たちはふとした瞬間に、あらがうこともできないほど、唐突に何かに“ひかれる”経験を皆持っています。まるで、引力に逆らえないように。それは、理性や知識で培われるようなものではなく、いわば、本能的に生まれてしまう、生理的な「快」に近い感覚と言えるでしょう。こうした感覚は、どのようにして生まれるのでしょうか。簡単に答えの出る問いではありませんが、考えれば考えるほど、存在や自分自身に対しての根源的な問いのように思えます。そこで、今号では、私たちがどうしようもなく引きつけられ、惹きつけられてしまう、いわば“ 存在の肌触り”について特集しました。

目次


REPORT

リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ ICC 2017.5.27 - 2018.3.11

 2017年5月27日(土)よりNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]の長期展示スペース、「オープン・スペース 2017未来の再創造」において、サービスエボリューション研究所2020エポックメイキングプロジェクトを中心とした企画展示「リサーチ・コンプレックス NTT R&D@ICC」が開始されます。初台の東京オペラシティ内にあるICCは、1997年の開館より、コミュニケーションをテーマに、科学技術と芸術文化の対話を促すメディアアート作品の展示を行い、科学と芸術を結びつける拠点として機能してきました。「リサーチ・コンプレックス NTT R&D@ICC」では、NTTの研究所の先端的な取り組みがICCの展示活動の中で紹介されるとともに、ICCという文化的に開かれた場を通じて、科学技術と芸術文化の融合に基づく未来の人間・社会に関するコンセプトが提示されます。
http://www.ntticc.or.jp/

公衆電話を利用した振動コミュニケーション装置(第20回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品)も展示されます。


LINK